住宅ローンの頭金

無料!住友不動産や他ハウスメーカーの費用総額や間取りがもらえます♪

住宅ローンを組む際には頭金は入れたほうがいい

自分で家を買うときには、それなりのお金が必要になってきます。家を一括で支払う人はほとんどいないと思うので、買うときには、住宅ローンを組むでしょう。

 

 

その際、事前審査をしなければなりません。仮に、自分が欲しいと思っている物件があり、審査をしたけど通らなかったときには、自己資金が必要になってきます。

 

 

いくらかの頭金を入れて、足りない分を補うということです。確かに頭金を入れれば、審査が通りやすくなりますが、数百万円もの頭金を用意するのは難しいと思います。

 

 

事前審査が通らなかったときには、違う金融機関での審査をすることも重要です。と言うのは、銀行によって、審査基準があるので、ひとつかふたつの銀行で審査が通らなくても、他の銀行ならばokが出る可能性があるからです。

 

 

必ずしも通るとは限りませんが、やっておいたほうがいいと思います。良く、事前審査で落ちてしまったから、それ以来、だめだと思って審査をしない人もいます。それだと、欲しい家を買うことが出来ないので、すぐにはあきらめないことです。

 

 

今は、自己資金がなくても、住宅ローンを組むことが簡単になりました。その分、審査が厳しくなっているのかもしれませんが、自己資金が全くなくても家を買うことができるようになったので、敷居が低くなりました。

 

 

自分の考えとしては、ある程度の自己資金を用意して、住宅ローンを組むのがいいのではないかと思っています。その理由は、長年支払っていくものなので、少しでも支払いを少なくすることが出来るからです。

 

 

何十年も支払っていくのは、大変です。頭金をいくらかでも入れておけば、支払いも早く終わりますし、何よりも利息の負担も少なくなるので、損が少なくなります。どうしても自己資金を用意できない人は、無理をしなくてもいいとは思います。

 

 

中古物件を買うときなんかは、わざと自己資金を入れないで、持っているお金をリフォームに回す人もいるので、お金は使いようだと思います。

 

 

また、住宅ローンを組む際はいくつかの銀行の金利を比較してくださいね。

 

 

銀行によってかなり金利が違いがありますので、長く借りると大きな額になりますので。

 

 

住友不動産の坪単価のTOPへ戻る